SOLUTION ソリューション事業ソリューション事業
SOLUTION

ユニフォーム管理ソリューション

  • 1.ユニフォーム貸与台帳の電子化により管理業務を効率化したい
  • 2.貸与規程・貸与基準に沿ったシステム管理を実現したい
  • 3.ユニフォームの流失防止に個体管理を行いたい

個体管理対応ユニフォームを利用頂き、導入企業からユニフォームの生産、物流も含めた業務工程の調査の上、最適なユニフォーム管理ソリューションを提供いたします。

イメージ

ユニフォーム管理システム 活用パターン

ユニフォーム管理システムの標準機能により様々な活用シーンに適応します

■活用パターン【1】

※ユニフォーム着用企業1社につきユニフォーム管理システム一式にて対応

  • ユニフォームの個体管理を必須とする、航空、鉄道・バス、警備、等の組織が大きく業務対応も様々で、高いセキュリティレベルを求められる企業様に向きます
  • ユニフォーム着用企業の本社権限者は、ユニフォーム管理システムのフロント機能より、着用者情報や承認者情報等のユーザマスタの変更を行えます

活用パターン1フロー

■活用パターン【2】

※複数のユニフォーム着用企業様にユニフォーム管理システム一式にて対応

  • 個体管理の有る無しにかかわらず業務の標準化(**)により複数社に対応できますので、費用対効果の改善につながります
    (**)ユニフォーム着用企業様毎の業務フローは共通となる事を前提としております
  • デザインの違うユニフォームを着用するグループ企業の多い大企業様や、顧客サービス向上のためにユニフォームを製造するメーカー(サプライヤ)様が導入する場合に適しています

活用パターン2フロー

■活用パターン【3】

※ユニフォーム着用企業様の既存の備品管理システムで従来通りの申請を行い、貸与管理、個体管理を備品管理システムとの連携にて対応

  • ユニフォームの個体管理を導入しようとする企業様で、備品管理システムを使用した業務フローを極力変えないで対応することが可能となります

活用パターン3フロー

導入実績

  • 航空会社乗務員の個体管理対応ユニフォーム導入コンサルテーションからシステム導入
  • 鉄道会社乗務員の個体管理対応ユニフォーム導入コンサルテーションからシステム導入
  • バス会社乗務員の個体管理対応ユニフォーム導入コンサルテーションからシステム導入

お問い合わせ